犬の選び方

フレンチブルドッグを選ぶときのポイントを話します。

現在700種以上の犬種がいると言われている犬の世界ですが、フレンチブルドッグも小型犬から大型犬、姿や性格も運動する量もこれら犬種によって様々なことはよくご存知のことと思います。

フレンチブルドッグだけでも、たくさんの犬種がいるわけですから、自分にふさわしいというかぴったり合ったフレンチブルドッグを選ぶのに見た目や流行に惑わされてはいけません。

どういうことかと言いますと、たとえばフレンチブルドッグの面倒なことが嫌い、あるいは苦手な人が手入れに手間のかかるフレンチブルドッグを選ぶとどうなるでしょうか。

たぶんフレンチブルドッグにとっても飼い主にとっても不幸なことになるでしょう。

また運動量を必要とするフレンチブルドッグを体力の無い人が飼ってしまうと、とてもじゃないですが面倒みきれませんよね。

ということで、フレンチブルドッグにはそれぞれ特性がありますので、それをちゃんと理解し、フレンチブルドッグの飼い主としての責任やライフスタイルなどを考慮にいれること、またフレンチブルドッグを外で飼う場合には住宅環境の問題もありますので、隣近所にも配慮するなど意外と難しい面がありますので、後々後悔しないようなフレンチブルドッグの選び方を考えてみてください。

フレンチブルドッグが産んだ子供たちの運命はどうなるか知っていますか?

保健所へフレンチブルドッグを持って行けば引き取ってもらえるぐらいの知識しか持ち合わせていない方が多いのではないでしょうか。

今まではフレンチブルドッグを保健所が無料で引き取って、処分していました。

フレンチブルドッグのように、命あるものをまるでゴミを捨てるように保健所に持って行けば、後は知らん顔ということでは、動物愛護団体の意見などもあって、保健所で有料化して引き取る自治体が増えて来ましたが、果たしてそれだけで解決する問題でしょうか。

民間のNPO団体がボランティアを募って、フレンチブルドッグを一定期間保育したのち引き取り、避妊手術と3種類の猫の感染症の予防接種を施して、首都圏などで譲渡していることをご存知ですか。

不幸な捨て猫や野良猫をなくすために、避妊手術をして里親を探して手渡すわけですが、某有名人が人間の都合で動物に避妊手術をするのは自然の摂理に反するのではないかと新聞紙上で発言しています。

断っておきますが、某有名人は直接NPO団体を名指しているわけではありません。

あくまでも一般論として主張しているわけです。

私はフレンチブルドッグが好きで、過去も現在も多頭飼いをしていますが、ほとんど避妊手術をしています。

たしかに人間の都合でフレンチブルドッグの去勢・避妊手術をすることには心が痛みました。

だから、某有名人の発言には共鳴する部分がありますが、かといって放置しておけば、犬公方といわれた徳川綱吉の生類憐みの令見たいな事態が出現してしまうわけで、命の重さ、尊さは一寸の虫にも五分の魂という諺もあり、フレンチブルドッグのことを考えれば考えるほど複雑な気持ちになってしまいます。

専門ブリーダー

専門ブリーダーでも、フレンチブルドッグと一緒にいると癒されます。

フレンチブルドッグは、特に心が癒されます。

専門ブリーダーでも、人に対しては自分の心にフィルターをして接してしまうからでしょうか。
自分自身では気付いてないけれど、知らず知らずのうちに気を使ってしまうからでしょうか。
年をいくら重ねても、人間関係というものは難しいものです。

でも、専門ブリーダーがフレンチブルドッグを相手にすると不思議なことに自然と心を開いてしまう感じがします。
フレンチブルドッグといっしょにいると、専門ブリーダーもなぜだか心が温かくなる気がします。

フレンチブルドッグの顔を見たら、自分と認めて嬉しそうに駆け寄ってくる姿。
フレンチブルドッグが尻尾を大きく振る姿。
フレンチブルドッグが足元とで駆け上がって、構ってほしいと訴える姿。

散歩に出かけると、フレンチブルドッグの道端で草花に興味を示している姿。
ドアを開けると自分を待っていてくれるフレンチブルドッグ。

どれもこれも専門ブリーダーにとっても、フレンチブルドッグのかわいいですね。
専門ブリーダーも、自然と顔が綻んでいくのがわかります。

フレンチブルドッグの魅力はやはりあの瞳でしょうか。
フレンチブルドッグ曇りのない瞳が私たちに安らぎをもたらせてくれるのでしょうね。

専門ブリーダーも、フレンチブルドッグを飼うことは毎日の世話はもちろん、フレンチブルドッグの散歩のマナーも気をつけなければいけません。

フレンチブルドッグの食生活や病気にも。

フレンチブルドッグも専門ブリーダーも人間と一緒であるということを忘れないで日々幸せに暮れしていければと思います。

愛犬のおやつ


ブリーダーによると、フレンチブルドッグの留守番のご褒美に愛犬におやつを与えている方は多いでしょう。

ブリーダーの話では、フレンチブルドッグに薬を飲ませる時、動物病院での診察の後のご褒美、これは無意識のうちに愛犬のフレンチブルドッグにしつけをしているのです。

愛犬のフレンチブルドッグは「我慢すればおいしいものが食べられる」ことを学んでいるとブリーダーの方はいいます。

フレンチブルドッグ犬には学習能力が備わっているので、上手に引き出してあげれば、ブリーダーの理想的なパートナーに育てることができます。

ブリーダーの話では、一般的には、フレンチブルドッグの嗜好を利用してしつけるのが一番楽だと言われています。

フレンチブルドッグのおやつはしつけに不可欠です。

ブリーダーがフレンチブルドッグと散歩中に相性の悪い犬と出会ってしまったとき、すぐにおやつを愛犬の鼻先にくっつけます。

それから、ブリーダーがおやつをフレンチブルドッグとは反対の方向に持っていき、完全に気を奪われたところで落ち着かせてフレンチブルドッグに「いい子ね」と声をかけながら与えます。


このブリーダーがフレンチブルドッグにおやつを与える方法を「マグネット」と言いますが、フレンチブルドッグに対していろいろな場面で使えますので覚えておくとよいでしょう。

ただし、ブリーダーがむやみにフレンチブルドッグにえさを与えると、フレンチブルドッグが混乱してしつけになりません。

ブリーダーが与えるときの状況やタイミングを同じにすることが大切です。

フレンチブルドッグのおやつにはクッキーやジャーキーなど乾燥タイプが携帯に便利ですが、高カロリーなのが難点です。

ブリーダーの話では、なるべくフレンチブルドッグの食べやすいように細かくして与えるか、自宅ではプレーンヨーグルトやフルーツなど低カロリーのものを選ぶのがお勧めです。

ブリーダーといっしょ

フレンチブルドッグ犬は、ブリーダーとともに人間の友達です。

フレンチブルドッグは、ブリーダーといつも一緒に居てくれ、人間の機嫌によって悪く当たっても、無条件に歩み寄ってくれます。

そんなフレンチブルドッグから学ぶことは沢山あります。

フレンチブルドッグは、ブリーダーにいつも尻尾を振りながら、いつも友達でいてくれる犬。

長い時は10年以上一緒に暮らすことになるフレンチブルドッグですので、ブリーダーは、子犬の時に可愛いかったから、テレビで流行ったからという理由で飼うのではなく、これからずっと一緒にいることになる犬だということを忘れないように飼いたいものです。

フレンチブルドッグは、我が家に12年居る犬のが1ヶ月前から、下半身麻痺になり、歩けない状態になりました。

フレンチブルドッグは、ブリーダーに聞くと、歩けなくなる1週間前に高いところから落ちて首吊り状態になっていたのを助けたのですが、そのときは元気で1週間はちゃんと歩いていたのです。

それが、フレンチブルドッグは、1週間すると急に腰が立たない状態になり、フレンチブルドッグは、病院へ連れて行くと骨がつぶれてしまい、神経が麻痺しているために歩けないのだといわれたのです。

フレンチブルドッグの手術は困難で、もし手術できるとしてもかなりの金額がかかるといわれ、我が家ではフレンチブルドッグの車椅子を作ることにしました。

フレンチブルドッグの車椅子は1週間ほどで出来上がり、またフレンチブルドッグと散歩に行けるようになりました。

もう2度とフレンチブルドッグが自分の足で立つことは出来ないと思っていたのですが、ここ最近後ろ足がふらふらではありますが、フレンチブルドッグが自分で立つことが出来る様になって来ました。

フレンチブルドッグが、ブリーダーといっしょにこのままいい方向に向いて歩けるようになってくれればと家族全員で願っています。

犬の気になる症状

ブリーダーに聞きました。
フレンチブルドッグ犬にも、認知症があるの?

ブリーダーによると、人の平均寿命が延びるにつれ、フレンチブルドッグなどのペットちゃん達の平均寿命も延びているんですねぇ。

以前、フレンチブルドッグ犬っていうとほとんどが玄関先や庭での外飼いでしたが、最近では室内飼いがほとんど。

それに加えてフレンチブルドッグの研究やフレンチブルドッグペットフードの研究もどんどん進んでいます。

フレンチブルドッグもブリーダーといっしょに、可愛い家族にも長生きしてもらいたいという願いが叶えられるのは嬉しいのですが、寿命が延びるということは。。。

そう、フレンチブルドッグも加齢に伴う様々な行動異常に悩む犬や猫が増えるということなんです。

フレンチブルドッグ本人達よりもブリーダーや飼い主さんのほうに負担がかかるんですよね。

私の兄宅では、昨年20歳のフレンチブルドッグを見送りました。

フレンチブルドッグ最後の2年間はボケとの激闘。

ブリーダーも大変だったようです。

我兄、義姉ながらフレンチブルドッグはよくやった!!!と誉めてあげたいくらいです。

では、フレンチブルドッグの老齢による行動異常とはどんなものか、ブリーダーに聞いてみました。

・フレンチブルドッグが意味もなく部屋中をウロウロと歩き回る
・フレンチブルドッグが排便、排尿がキチンとできない
・フレンチブルドッグが家族を見ても喜ばない(表情がない)
・フレンチブルドッグが音や家族の声に無反応
・フレンチブルドッグが夜中に鳴き続ける

このようなフレンチブルドッグの気になる症状が見られるようになったら、早めに動物病院で診察を受けましょう。

酸化によるフレンチブルドッグの脳細胞のダメージを軽減するには、種々の抗酸化成分やオメガ3脂肪酸などが役立つそうです。

ブリーダーや獣医さんから、フレンチブルドッグのいろいろな情報を仕入れましょう。

人と同じでペットのフレンチブルドッグにも「ホームドクター」は必要だと思いますよ〜。

フレンチブルドッグとお別れの時には、ブリーダーといっしょに優しい気持ちで見送ってあげられるように、お互いの負担を少しでも軽くしておきましょう。